Mitt lilla kök

北の果て,極少の台所から

コロナ、コロナで日が暮れる

じわじわ、いや爆発的に拡大するコロナ。

得体がしれない、特効薬もワクチンもない。

死者も出てくる。

これだけ揃えば不安はどんどん拡大するし、とにかく人混みを避ける、手を洗ってマスクをしろ、と新しい病気であるのに予防法は至って古典的、それも防御率がどれだけなのか不明であるから、ますます人はパニックになる。

多くの催し物が延期や中止になる。ましてや飲食店などは口に入れるものを扱うだけに、営業が困難な状態に違いない。

欧米では、コロナが発症した1月、2月までは「アジアの病気」だったように感じる。他人事感を感じることも多かった。

「日本は大変ね」と言われる程度で、自分達についての悲壮感は感じられなかった。

トイレットペーパーやマスクの買いだめにも、こんな時代によくわからないという雰囲気だった。

ところがイタリアで爆発的に感染者数が増加。ここスウェーデンでは2月半ばの一週間、学童にはスポーツ休暇というのがあるのだが、その時多くの家族がスキーに出掛ける。今年は国内に雪がないので北イタリアにスキー旅行に行ったらしい。どうやらそこで感染して来たようだ。

コロナウィルスは潜伏期間が2週間程らしいので、今みるみる毎日患者数が増えて来ている。TVのニュースでは、お年寄りをとにかく気をつけてと呼びかけている。

そしていよいよやって来た。トイレットペーパーの買い占める心境がよくわからない人達も、パスタ、米、野菜の買い占め。スーパーのパスタの広い大きな棚がすっからかんの画像をみて、ああどこの国の人でも同じなんだと納得した。

でもどうしてこんなにコロナウィルスが不安なんだろうかと考えてみた

命を落とす可能性があるから、目に見えないから。。。。感染する確率は生活していたら皆ゼロではない。

新幹線の車両や、飛行中の飛行機の中が空っぽ、観光地がガラガラの画像に驚いた。人は一生懸命自分を守ろうと必死になる。物の買い占めも結局自己防衛の結果だ。

何故そんなに必死に自己防衛しなくてはいけないのか。

人はそんな時に誰も助けてくれないことに気付いているからだ。余裕がない。社会という名前のもとに集まっている様には見える。しかしもし何か起こった時、安心して国や会社、昔よりずっとメンバーの数が減ってしまった家族にも頼ることが出来ない状況が現実だ。自分のことは自分で、「自己責任」が全てとなったこんな状況が、コロナウィルスを病気という以上に人の心を不安にさせている気がしてならない。

そして経済も何か確実なものがあるわけではなく、不安定で不確実なものでも儲かりそうだと思えば飛びつかざるを得ない。アジア人観光客を見込んだホテル、商店など、お客さんが多い時は良かったが、去ってしまうとどうしようもない。

たくさんの人がいるのに、自分だけを自分で守ると感じさせる社会システムが、穏やかなのんびりとしたものにもう戻ることは出来ないのかなと、悲観的にもなってしまう。

そんな気持ちがぐるぐるして、閉塞感やら不安や恐怖が増している気がする。

ワクチンや薬が出来て、回復出来る可能性が広がれば、少しは明るくなるだろうし、日常が戻れば不安感はましになれるのにと、その日が来るのを待っている。


f:id:kaalrabbi:20200311152049j:image

 

2020年3 月11日水曜日現在。スウェーデンでの感染者数は356人。

簡単にぶらり旅行記、ドイツ編

新型肺炎がみるみる流行し始め、
暗いニュースが続いて憂鬱さは増すばかり。
いつもドイツは乗り継ぎばかりなので、一度街を歩いてみたいと思っていた。
そうしていると急にドイツに行くことになった。昨年末に夫が格安のパックを見つけ予約していたらしい。
しかしこんな時期だし、母がちょっと調子が悪いと電話でいうので、旅行になんて行ってる場合じゃないと思った。本当にキャンセルまで考えたけど、今を逃したらしばらく行けなくなるかもと思って、母も別になんでもないからということだったので思い切って行ってみた。

私にとってのドイツは、学生時代の時のしんどい思い出しかないドイツ語とビールと白ワインだ。あと昔旅行中に出会ったドイツ人のご夫婦がとても厳格だったことと皆日本人にはとても優しい親日の人が多いという印象くらい。でも車も電気製品でもドイツ製は有名だし、お鍋や包丁なども身近だ。

ノルウェー、スウェーデンはアルコールが高いので、小旅行という名目でデンマークに買いに行ったりするが、そのデンマークの人達がもう一つ安いのでドイツに買いに行くのだ。ドイツはビールが有名だし、白ワインもドイツはいろいろな銘柄があるし、期待は高まる。

今回私達はドイツ北部のキールという街に行ったのだが、同じヨーロッパでもスカンディナヴィアとは雰囲気が違うと思った。
ドイツは都会だ。ゲルマン系の容姿がそう思わせるのかどうかはわからないけど とにかく都会だと思った。

キールは古い街だから建物も趣きがあるのね、と感心していたら、夫が、キールは第二次世界大戦による爆撃で街は焼けたので、新しく建てたものが多いという。でもうまく古い街の雰囲気を壊さぬよう古い感じで再構築したらしい。


f:id:kaalrabbi:20200229023853j:plain

それを聞いてびっくりした。本当に古い感じで何百年もという風格だった。

私達はショッピングセンターにも行ってみた。

f:id:kaalrabbi:20200229024150j:plain
非常にモダンで大きく、大きなスーパーがあると言うので大喜びだったが、香辛料目当てで行ったらちょっと高級な香辛料がマダムなお値段で売っていたが、日常使いのものは見当たらなかった。


f:id:kaalrabbi:20200229024532j:plain

疲れた夫がベンチに座って待っている間、私は走ってショッピングセンター全体を見て来たが、インテリア用品が少ないなという印象。服飾類はグローバル化が進んでいるのを実感。日本、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、さして変わらない。本屋に行ったけど、料理本が少なかった。

ショッピングセンターの飾りがとても可愛く、カエル好きのハイカーさん達を思った。


f:id:kaalrabbi:20200229154403j:plain

何回か訪れてもっと色々な所を見れば、よりドイツ人の生活を知ることがが出来ると思う。



f:id:kaalrabbi:20200229154706j:plain

ざざっと大まかに記録してみた。相変わらず全然参考にならない旅行記でごめんなさい。

この人達も同行して楽しかったらしい。
フランクは里帰りにはしゃいでいた。



f:id:kaalrabbi:20200229155450j:plain

2020 年の始まりと帰省あれこれ

すっかりブログを遠ざかっている間、1年振りに帰省していた。

今回は6週間と結構長く滞在した。というのもこれは普段遠いところで好き勝手している放蕩娘の罪滅ぼし「偽親孝行」のためだ。

 

若い頃ならあちこち出かけることが楽しくて、あれもこれもここもあそこもと貪欲に歩き回って、買いあさったり食べ飲み散らかしたりしていたはずだが、「大人になった」からか家でゆっくり家族と話したり、自分の部屋の持ち物を断捨離したり。

何より日頃の台所仕事で疲れている母の負担を減らすべく、台所仕事を引き受けていた。

毎朝炊飯器のスイッチを入れ、お味噌汁を作り、玉子焼きや魚を焼いたり。昔は全て出来上がっていて、ただ食卓に座って食べるばかりだったが、用意していた母は大変だっただろうなぁと今更ながらありがたく思ったり。

最初の1週間はかねてから日本に興味を持っている夫兄も同行し、滞在した。

久しぶりに奈良観光をし、大仏様の大きさと美しさに改めて感謝した。鹿も相変わらずだらだらして可愛かった。


f:id:kaalrabbi:20200128220419j:image

f:id:kaalrabbi:20200128220625j:image
大阪観光、日本初上陸の夫兄には人の多さと色々な所から聞こえてくる音楽や騒音が厳しかったようだ。まあ本当にひどい人混みで、かつてはあまり見かけなかった大きなスーツケースを混み混みの道でも平気で転がしている人達に遭遇してびっくりした。ドラッグストアはキットカットや色々な日本のお菓子で溢れ、大きく様変わりしていた。

f:id:kaalrabbi:20200128222043j:image
今回は幾人かのハイクで出会ったお友達とお会いすることが出来た。

初めてお会いするにも関わらず、昨日も会った友達に会う様な不思議な感覚があった。ずっと日常生活や感情など文章を通じてでも毎日やり取りしてるという強みだろうと思う。本当はもっといろいろな方にお会いしたかったけれど、帰省のメインは両親への手伝いなので時間がとれず残念だった。

いろいろな方からいろいろたくさんものを頂いて、帰りのスーツケースは一杯になった。

今もたくさん珍しいお菓子をおやつに頂く毎日だ。本当に人のご縁に感謝する帰省となった。

母が心配していた携帯電話の買い替え、結局スマートフォンは選ばなかったが、それも無事終わってホッとした。庭の木のわさわさと生えているのをすっきりとカット出来たり。

日本人にとってはやはり特別な気持ちになるお正月を両親、夫と家族4人で過ごすことができ、また来年も一緒に過ごしたいと思いながら今回の帰省も無事終了した。


f:id:kaalrabbi:20200128223636j:image

日本酒が美味しすぎ、飲み過ぎた。


 

師走はもうすぐ-クリスマス月間

12月がそこまでやって来ている。


f:id:kaalrabbi:20191121153144j:image

クリスマスは24日、25日と思っていたが、

ここでは12月初め、もしくは11月の終わりから始まる。

クリスマスの4週間前からクリスマス行事が始まるので、12月はどっぷりクリスマス月間なのだ。

ちなみに今年は12月1日日曜日が第一アドベント。4本蝋燭が立てられる蝋燭立てに蝋燭を立て、日曜日毎に1本づつ蝋燭に灯を点火する。いろいろな蝋燭立て、蝋燭がアドベントに向けて売られている。

年ごとに流行があって、最近は太い大きな蝋燭を4本用意して、トレイの上に置いたようなものが主流だ。その蝋燭に1から4までそれぞれ番号がふってあったり。


f:id:kaalrabbi:20191121153217j:image

アドベントには、グロッグと呼ばれる暖かい飲み物(ドイツのホットワインの様なもの) 、ペッパーコーカと呼ばれる薄いジンジャークッキーが欠かせない。小さい子供がいる家は、ジンジャークッキーを使ったクッキーの家を作ったり。

アドベント、クリスマスで忘れてはいけないものは、窓に大きな星のランプを飾り付けること。これは冬至に向けてどんどん暗い時間が増えていく中、殆ど全ての家の窓にこのランプがかかり始めると、気分がほっとする。

どんどん街の中も、クリスマスの香辛料であるシナモン、カルダモン、丁字の香りに包まれてくる。

もう11月も10日足らず。第一アドベントまであと少し。我が家もカーテンを替えて、星のランプやアドベントの蝋燭の準備を始めよう。


f:id:kaalrabbi:20191121154403j:image

スウェーデンには特にクリスマスケーキというものはない。写真はノルウェーとデンマークのクリスマスケーキ。アーモンドの粉で出来ていて、ちょっとチュウイーな食感。甘くておいしい。


f:id:kaalrabbi:20191121154654j:image

子供たちはこの人を楽しみに待っている。

女やら男やら。。。思うことなど

「北欧は男女平等が非常に進んでいます」

「国会議員、党首など女性の占める割合が非常に高いです」

「女性に優しい社会」

メディアでよく見る言葉だ。

北欧(ここではスウェーデンのことを指す)の女性の労働環境は素晴らしい。子供が出来れば、ママ休暇。100%分の給料支給ではないが有給でママ休暇が1年間とれる。これは事実婚や法律婚に関わらない。サンボと呼ばれる同棲婚(事実婚)は世間的に認知されているし、育児も地域には託児所、小学校には放課後の児童預かりなど公的システムが用意されている。児童手当ても充実、子供の医療費、歯科の費用 、教育費も全て無料。

例えば、子供が病気になった時、早退する子供を学校に引き取りに行ったり、子供の病気による自宅待機による休暇も父親、母親関係なしに遠慮なくとることが出来る。

親の介護も基本的にない。親は親。子は子。

高齢者にとって複雑なインターネットバンクの手続き業務や週に一回の大きな日用品の買い物、ちょっとした掃除の手伝いは子供たちや家族がするものの、後は基本公的サービス任せだ。

 

こんな風な北欧の女性のための環境は羨ましく見えた。

育児や介護に囚われることなく「活き活きと働ける」。そして結婚についても「自由」な形を選択できる。

若者が家庭の経済的な事情で進学を諦める必要もない。教育は教科書代を除いて無料だ。公共交通機関も大きく割り引きされる。親の負担はほとんどない。

男女が共に住むにしても、両者の同意のみで至って簡単だ。親には事後報告の方が多いのではなかろうか。

それに反して日本では夫婦同姓あるいは別姓をとるのか、まず考えなければならない。何か人生の節目において悩んだり決断したりする時、自分達の気持ち以上に制度の中でまずがんじがらめにされている気がするのだ。

ここでは女性だからと諦めるものが何もないパラダイスの様だと私には思えた。

男女平等を進めた結果のモデルケースがこうならば、本当に素晴らしいではないか。

 

しかしこの国で暮しているうちに、おやおや?と思うことが出てきたのだ。

パラダイスの住人である女性達は本当に幸せなのかなと思うようになった。

70年代の「ブラジャーを脱ぎ捨てよう!!」のスローガンのもと起こった女性運動。そこからどんどん女性の地位向上が始まった。

日本でもラーメンのコマーシャルで「あなた作る人、僕食べる人」が当時物議をかもし出したようだが、ここでも1930 年代から続く『主婦のための台所帳(原題: Husmoderns köksalmanack)』のタイトルが1979 年版以降、「主婦の」の部分を削除し刊行するようになった。女性、それも主婦のみに特定する事は女性差別に当たるからだろう。

そしていろいろなことが変わってその結果、世の中が女性中心に進んで行く。悪い原因は全て男性にある、という風潮が加速する。社会は女性の味方になった。

移住した当時、環境の変化から来るストレスと、冬の日照時間の余りの少なさにより私は鬱になった。カウンセリングを受けたら良いと医者から勧められた。

カウンセラーが私にした最初の質問は「パートナーに満足していますか」だった。びっくりした。具合が悪いのは私なのに。夫は穏やかで楽しい優しい人である。

その後いろいろ質問が続き、そしてそれは彼女がどうしても夫を悪者にしたいんだな、と感じることが多いものだった。私の鬱の原因は夫の暴力かとりあえず何か夫に落ち度があるようにしたいようだ。

結局 「あなたの人生。あなただけのことを考えて。離婚するのも一つ。健康になれるからよく考えてね。」と言われ帰ってきた。もう二度とカウンセリングに行こうとは思わなかった。私にしたら的外れも極まりない回答だ。

どうして太陽の少なさで気持ちが落ちていることと離婚が結び着くのかわからない。

帰って夫に話すと笑われた。ここではそういうものだということだ。

女性に何かあった時、常に悪くなるのは男性なんだと、よくわかった。女性は社会全体から「守られている」のだ。女性のための相談所、女性のためのシェルター(家庭内暴力からの)等々。

ここでは男性の影がともすれば薄くなってしまいがちだが、男性は寡黙に良く働く。家族のためにパパ達は頑張っている。それは日本の男性とも変わりない。北欧の男性と日本の男性は似ていると思う。外国人は表現力が豊かで、ジェスチャーも大きく、朗らか。多分これはラテン系の外国人のイメージだ。ここの男性達はシャイだし、物静かな人が多い。しかしかわいそうだなと思うことは、日本のようにほっと出来る遊びがないことだ。会社帰りに同僚と居酒屋に寄って一杯引っ掛けながら上司や嫁さんの愚痴を言ったり、カラオケで発散なんてできないし、場所も時間もない。

仕事が終われば、直で学校に子供を引き取りに行く。そして食事をつくって食べさせる。いろいろな働き方があるため、夫婦が夕食に揃う時も揃わない時もある。ママ抜きでパパが食事などの世話をする日もある。

休みになったら家の改修やら庭の手入れ、車の補修など休むひまもない。子供の習い事の送り迎えなど本当に忙しい。

ここでおやおや?と思った一つのことは、男女平等なら庭仕事も家の改修、車の補修でも女性も一緒にやるよね、と思いきやそれは「男の」仕事なので 女性はほぼノータッチ。

実際にキャンプに行った時面白かったのは、 周りを見ていると、キャンプ場に着いて旦那さんたちの最初の仕事は、奥さんのために椅子を設置すること。奥さんたちはそれに座って雑誌を読みながら待つ。もうひとつうわ手の奥さんたちはワイングラス片手に待っている。旦那さんたちはキャンピングカーの設営から、バーベキューの支度まで全部一人でするのだ。これも「男の」仕事らしい。

男女平等とは男性に全てを押し付けることなのか?なぜ一緒にやらないの?とまず思った。一緒に旅行に来て楽しむんだったら 、一緒に準備した方が時間も負担も軽減するのに。それでもそれは「男の」仕事らしい。

私達は日々の生活の中でやるべきことに追われていくのだが、私はこれが人生ではなかろうかと思うのだ。生活に追われていると言うと苦しい感じがするけど、食事が美味しく食べられれば満足するし、子供が育てば励みになるだろうし、家や庭が綺麗になっていくのは楽しい。年月が経てばパートナー同士も恋人の時のような時間はなくなっていくし、それぞれがおかあちゃん、おとうちゃんになって行くのは自然な流れではないのか。そしてドキドキは消えても理解してくれる人がいるという安心感と家族としての歴史は残っていく。

ところがこれを面白くないとこちらの女性の多くは考える。本当に真面目に考える。いつまでも男性から耳元で愛を囁いてもらって、薔薇の花束のあるロマンチックな生活を望んでいる。(嘘の様だが実際にいろいろな人に聞いてみたらそうだった)。そして赤が女の子、青は男の子と色分けするのはいかがなものか、という議論が日本であったように記憶しているが、女性運動が活発なこの国の女性はピンクが本当に大好きだ。

話がそれたが、女性解放や地位の向上のもともと目指したところは、どこだったのか。彼女たちは何をしたかったのだろうと思う。

男性にいろいろ要求し、働かせることが女性の地位向上なのかと思ったし、「男女平等」だったら要求だけじゃなくて、自分もそれだけ返してるのかと突っ込みたくなった。

どうしてここまで要求できるのだろうか。

私が思うに、頑張らなくても何でも手に入るからだ。障害物が非常に少ないからとも言えるだろう。無理することがないから、もっともっとと要求が果てしない。我慢しなくていいからちょっとしたことでも不満を感じてしまう。

日本の女性は長い長い間、男尊女卑の思想の下で生活を強いられてきた。時代物のドラマでも女性が別部屋で食事をしていたり、女性の教育の機会は男性と比べたら格段に低かった。家父長制度の下、女性は個を出すなんてもってのほか、夫のため、後継ぎのため、家のために生きていた。

戦後、家父長制度がなくなったとはいえ、結婚といえば家と家との結びつきという考えは最近まで残っていたのではないか。

ついこの間まで、女子学生がパワハラ、セクハラ(そんなハイカラな言葉さえ今のように一般的ではなかったが)を教員から受けたり、女子社員が結婚したら働きにくくなり、子供を産めば退職させられるような状況があって女性たちは何事も我慢させられていたのが実情だ。

実際に私自身当時女子学生が極端に少ない学部の学生だった時、

「女は男の3倍勉強しなければ、男と同等ではない」とか「結婚するなら研究を辞めて主人に養って貰え」などと教授達は平気で言っていた。

ある教授にゼミ申請をすると、

「女の学生はとらないので」と丁寧にお断りされた。

ゼミに属しても、飲み会になれば教授の隣でお酌を要求される。ただでさえ男子学生より発言の機会も減らされおり、此処で逆らうと研究が継続できないのではという恐怖から断れなかったのが実情。

今思えば酷いことを言われ続けていたんだなと呆れるし、今なら間違いなくパワハラ・セクハラで訴えることが出来るに違いない。

私のような未熟者でもこうだったのだから、もっともっと優秀な女性の諸先輩方は女だからということで、どれだけ辛い思いをさせられたかと思う。

かつての日本社会では、女性が男性の世界で生きていくためには女を捨てる覚悟で歯を食いしばって行くしかなかったと思う。女性が結婚も出産も諦めなければならない状態が続いた結果が、今の出生率低下の一因となっているのは周知の通りだ。

その中で日本の女性たちは自分を取り巻く環境と日々戦ってきたし、戦っていると思う。職場、家庭、社会に対して。工夫したり、折り合いをつけながら生きている。

しかしここの国の女性たちは戦う要因が日本女性にくらべて俄然少ないのだ。制度でも社会でも家庭の中でも女性が一番なら、戦う必要はまるでない。

その挙句、ロマンチックな言葉を言ってくれないパートナーに不満が募る。家に帰って疲れきってソファに寝そべってテレビを見ているパートナーが許せない。

結果、新しいパートナー探しを始める。いわゆる不倫だ。子供がいようがお構いなしだ。決まり文句は「私の人生だから」。クリスマスと夏休みのあとの離婚率(パートナー解消率)はグッと上がる。実際に現実をあちこちで見せつけられて本当にびっくりした。子どものために辛抱するとか頭の中にはないらしい。

関係を解消しても、隔週で面倒を見るから子供と関係が切れることはない。女性にとっての制度は整っているから、新しいパートナーとのベビーもすぐやって来る。

「これが女性の地位向上と男女平等の結果」なのかと最近特に考える。

日本の奥さん達は、旦那さん達がソファで寝っ転がって鼾をかいていても、

「おとうちゃんは全くしょうがないわー。ゴロゴロしてるだけや。」と文句言いながらも、布団を掛けたり世話を焼く。

朝起きてから夜寝るまでゆっくり座る暇もない、と高齢の私の母も電話をすれば愚痴を言う。忙しいのだ。家庭、家族を守ることに忙しい。旦那さんがソファで大鼾でもよそ見してる暇などない。

女性解放や男女平等が誰かのわがままを叶えるために利用されているのは正しくないと思う。以前女性の地位が低くて大変だったから、それを男性に仕返してやりたいというのは、ちょっと子供っぽく筋が違うのではと感じる。女性も男性もストレスなく、助け合って生きていける社会が一番なのではと思う。

どちらかに何か大きく負担がかかるのは不平等だけど、負担をお互いに分け合って過ごしていくのが私にとっての男女平等の考え方だ。

 

国際女性デーには 毎年ラジオでも特集番組があったり語られる事は多いけれど、昨日の国際男性デーは私自身ツイッターでその存在を初めて知った。そして一日中ラジオでも何も語られることはなかった。

 

人間として助け合って、争わず、お互いを尊重し合う社会が本当の男女平等における社会のゴールであってほしいと思う。


f:id:kaalrabbi:20191120202718j:image

1968 年版(上段)には、大きく「主婦の」が記されているが、1978 年版(下段左)は、少しフォントが小さくなり、1979 年版には「主婦の」の表記は消滅している。

 

注) Husmoderns =  主婦の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

陶器のふるさとへ晩秋の小旅行 2019年11月6日

これからどんどん日が短くなって寒くなる。プラス雪が降って積もれば、すっかり凍りついた世界がやってくる。

冬への準備のタイヤ交換が終わって、今のうちにちょっと遠出しようと思い切って出掛けて来た。

何度か来たことはあるけど、もう一度改めて見てみようとRörstrand (ロールストランド)博物館に行って来た。


f:id:kaalrabbi:20191107145343j:image

1726 年にドイツから来た陶芸師 ヨーハン・ウォルフによってストックホルムの地でロールストランドの起源となる陶器の生産が始まった。ドイツのMeissen (マイセン)社に次いでヨーロッパで2番目に古い。当時は中国の陶磁器の影響を受け、白地にブルーの絵付けが主流だったらしい。


f:id:kaalrabbi:20191107152145j:image
1800 年代には食器の一式セットが一般的になり生産も伸び、英国の影響を受けたデザインとなっていった。そして1850 年代にはボーンチャイナの時代を迎え高級食器が製造されるようになる。

スウェーデンも含めてヨーロッパの陶器産業はこの時代に発展して拡大した。そして淘汰されながら合併して規模を大きくしていった。
1920 年代には安い陶器が輸入されるようになり、それらが売り上げを伸ばしたために、国内の陶器産業は危機感を感じ始めた。ロールストランドはストックホルムの工場を閉め、ヨーテボリ陶器会社と合併して西海岸のヨーテボリに移って来た。そしてその後ヨーテボリ陶器会社とリッドショーピン陶器会社も合併して今の博物館のあるLidköping (リッドショーピン)に落ち着いた。


f:id:kaalrabbi:20191107204507j:image

 

残念ながら現在はここで生産されていない。2006年ですっかり製造は終了し、人件費削減のためにインドネシアやタイに工場を移した。下のボウルは工場終了最終時に焼かれたもの。

f:id:kaalrabbi:20191107205333j:image

今はイッタラアウトレットに変わり、ロールストランドを始めアラビア、イッタラ、フィスカスの調理器具などを販売している


f:id:kaalrabbi:20191107204750j:image

博物館の中で1番気にいっているところは、全部のデザインを網羅することは大変なことなので、ちょっとだけいくつかのデザインのお皿を展示して見せるコーナー。


f:id:kaalrabbi:20191107205245j:image

自分の持っているものを発見したり、これからどれを集めようかなと物色するのも楽しい。
御手洗の男性用、女性用の表示が可愛い。

f:id:kaalrabbi:20191107210334j:image
こういう時代のテーブルセッティング。ちょっとおしゃれして特別感があるので好き。


f:id:kaalrabbi:20191107210542j:image
f:id:kaalrabbi:20191107210741j:image
使われていた釜と、お皿の模様をプリントするためのスタンプ。

 

私自身ロールストランドの食器を使うのが大好きなので、使っている食器がどの時代から来たのか誰のデザインなのか知る事によってその時代に思いを馳せる。

 

食器を知れば料理も知りたい。

人から見れば奇妙な趣味だと思うが、とにかくより知りたいと思っている。まとまって勉強してみたいと思ったり。

 

秋の終わりに良い小旅行が出来た。またこれを刺激にして知的欲を満たして行こう。

 

全然観光案内にならない情報でごめんなさい。



楽しみながら環境運動

小さな女の子が黙々と一人でストライキを始め国連で環境について大人を叱り飛ばして、遂にはトランプ、プーチンまで巻き込んで世界的な大きなニュースをつくった。

意地悪な大人達は彼女の揚げ足をとったり、馬鹿にしたり、あら探しばかりしていた。

彼女の行動によって環境に関心を持った人や目を向けた人がいるならば、彼女の行動は無駄ではなかったのではないかと思う。

環境のために、とか二酸化炭素をなるべく排出しないために、と取り立てて特別考えているわけではないけれど、何を自分がしているのかちょっと考えてみようと思う。

1)ゴミの分別

ゴミ収集車が来るのは2週間に1度。一軒に出せる量は決まっていて指定のゴミコンテナが各家庭にありそれに入れておくと収集車が集めて行く。その他のゴミは各町毎にゴミステーションがあって、ガラス(色つき・透明)、メタル、古新聞、紙類、プラスチックのパックなど。それぞれに分かれている。週末は一週間のゴミをみんなまとめて捨てに行く場所。(普通の日でももちろん捨てられます)。

夫がある日、コンポストというものを買って来て庭の隅に設置した。じゃがいもの皮、野菜クズ、コーヒーのカス、卵の殻などをどんどん入れて、古い土とかもどんどん入れて、ミミズを発見したらコンポストの中に放り込んでたまに混ぜると、良い土が出来上がる。今年の春には花や木を植え付ける時、本当にこの土が重宝した。そして土を利用したあと秋になってまたその土をコンポストに入れておくと、来年に春には良い土が出来上がっている。我が家の生ゴミは殆ど捨てずに再利用している。

2)水

基本的なことだが流しっぱなしはしない。米の研ぎ汁、野菜を洗った水は捨てずに流しの横に置いたポットに入れて植木鉢の水やりに使う。洗濯物は種類に応じて分類し、ある程度の量がたまったらまとめて洗う。

外ではトユの下に大きな水瓶を置いて、庭にまく用の雨水を溜める。

3)買い物袋

エコバッグは必ず持ち歩く。忘れると本当にに損な気がして悲しい。大きな紙袋やプラスチックの袋も店のレジでは買える。でも紙袋は100円、ビニール袋は80円。結構高い。デンマークではエコバッグを忘れてレジで袋を買う人には少なからず冷たい視線が送られている様な気がする。ここスウェーデンでも以前はエコバッグが浸透していたはずなのに、最近は皆どんどんレジで袋を買っていく。ここがちょっとわからない。

エコバッグはそれぞれのスーパーがオリジナルを売り出していて、それを買い集めるのも楽しいし、いいお土産になるとも思う。

4) 近くのもの・旬のものを買う

特に野菜は飛行機や大型トラックではるばる運ばれたものではなくて、近所の地域で作られてるものを買う。小さな農家がじゃがいもや根菜、卵を売ってくれるので助かる。こちらの人は真冬でもレタス、トマト、きゅうりを食べたがる。しかしそれはオランダやスペインの大きなビニールハウスで作られたものだし、季節が異なるもので味もよくない。冬の間はそれらを買うのを控えて、根菜やキャベツにシフトする。トマトは缶詰、干しトマトがあるし、ケールや赤ビーツで充分ビタミンや栄養はとれると思っている。旬のものは安いし美味しい。きゅうりはせっせとピクルスを作る。そして冬に消費する。

あと夏の間は野菜やベリーは自分で植えて収穫する。運送料も手間も全くない。

とただだらだらと書き並べてみたが、これらの小さなことがどれくらい役に立っているのかはわからない。でも何も心がけないよりはましであろうと信じて、コンポストにゴミを捨てにいく。

 

グレタちゃんに叱られないためにも恥ずかしい大人にならないように。




f:id:kaalrabbi:20191104211023j:image
愛用してるエコバッグ。