Mitt lilla kök

北の果て,極少の台所から

ひっそりと来て去って欲しい年末年始

此処に来てどんどんコロナの感染者数が増加している。一時は感染者数も下降気味となり、このまま静かに終わってくれたらいいのに、という願いも虚しく増加が激しくなっているので、テレビを見ていても関係者の顔が険しくなりつつある。

「手を洗え。密を避けろ。距離をとれ。」

一生懸命叫んでいるし、街の中でもポスターなどで宣伝しているけど、誰が聞いているのだろう。この週末にはクリスマスイルミネーションのツリーの先端の星が点灯されたか何かで、ストックホルムや都会辺りのバーやクラブは酷い人混みだったらしい。

クリスマスマーケットも今年は皆中止の様な事だったが、何処かでは開催されてそれも恐ろしい人混みだったとニュースを見た夫から聞いた。

「2メートルあけろと指導はあるけど、あれはたった1センチだった」らしい。

老人ホームでもまた感染者は増えて来ているが、禁止していた面会を再開したからではない、職員からの感染だ、とのこと。

コロナは高齢者がかかる、若者はかからない、こういうことをもう信じている人は少ないだろう。子どもも気をつけなければならないのに、子どもたちの生活がコロナ以前と今で変わっている様には見えない。

学校帰りの子どもやティーンエイジャーを見ても団子のようにくっついて喋りながら歩いている。放課後学級の子ども達も見事に団子状態。教員は側にいるのに注意している様子もない。距離をとれどころの騒ぎではない。この国の女性の多くは介護施設で働いている。子どものいる人が殆どだ。その人達が家では子ども達と接し、職場で高齢者に接していると思うと怖い気がする。医療関係は別として、マスク着用者はほぼ5%くらい。その5%も海外からの旅行者ではないか。最近スーパーでは売り出しつつあるが、ほとんどしている人はいない。

日本ではワイドショーって無駄だなと思っていた。しかしここにいるとニュース以外で状況を知ることは難しい。積極的に新聞を読み、ラジオを聴き、テレビのニュースを見る人の割合は減っている。皆、状況を把握しているのか疑問に思うことがある。

コロナに感染し、死を覚悟したくらい酷かったとか今も後遺症に悩まされている、精神的にも参って立ち直れない、経済的に苦しくてどうしようもない、などそういう人達は現実に存在しているし、ニュースでも流れる。

ワイドショーは煽っているとか大袈裟だとか批判もあるが、今の私の状況ではここでもそういう番組をしてくれたらいいのに思うくらいだ。少しどれだけ怖いのか 大袈裟でもいいから注意を喚起してほしい。

夫も知人と話すが、皆余り深刻には考えておらず、自分はかからないと言う妙な自信が怖いという。ロックダウンを法制化するかしないか政府で議論されている様だが、議論している間も感染は広がり、人は亡くなっていることを受け止めてほしい。

感染するかしないか、運試しの様な不安定な状態が何時まで続くのか。考えると恐ろしくて、眠れない。

せめて今年は年末・年始のイベント感は忘れて、ひっそりコロナ収束のために静かに過ごすような風潮になって欲しい。これが終わればまたいくらでも楽しいことは出来るのだから。

悲観的過ぎると批判されるかもしれないが、あまりに変わらぬ状況に苛立っている。
f:id:kaalrabbi:20201116154318j:image
このポスターでどれだけの人が距離をとるのか?そして屋内のホームパーティーでどうやって?

とうとう冬がやって来た

すっかり太陽がなくなった。ひたすら灰色の空が低くたれさがって、ただ底冷えだけがしんしんと感じられる。いつの間にか冬になっている。

太陽が照らないのは辛い。普段ならこの時期タイやスペインなど日光を求めて人は旅に出る。暗い中ではやっていけないからだ。季節性鬱も多くなる。私も気をつけなければいけないので、少し体を動かしたり、ビタミンをたくさん摂ることを心がけている。

今年はこれに加えてコロナが大きく影響している。暗い時期の楽しみは、人と会っておしゃべりするのが一番だ。蝋燭を灯して美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲んでのんびりする。しかし今年はこれが出来ない。

いろんな人がいる。以前と変わらず距離も取らずに人に会ったり、会食したり。。。私が夫以外の人と一緒にお茶を飲んだのは、今年1月の帰省後、たった1回だ。それも遠く距離をとってお茶を飲んだ。人と接するのは一番危険なんて 非常に悲しい病気だ。伝染病だから仕方ない。

何か楽しみを見つけないとやってられない。ほぼ10ヶ月、隔離の様な私の生活の楽しみは料理だった。料理好きは以前からだが、特に今は時間だけはあるから、栄養バランスも出来る限り注意しながら、いろいろな新しい料理も試したり、オーソドックスなものを復習してどうすればもっと美味しくできるか考えたり。

積読になっていた分の料理本もじっくり読んで、新しい発見もある。

博物館、美術館もお休みで外出する場所も、ぐっと制限されてきた。大好きなセカンドハンドも教会や赤十字のボランティアの方で支えられており、その様な方は皆年金受給の高齢者だ。感染を防ぐためおやすみされると、店は休業となる。

人混みには行きたくない、となれば結局空いた時間を狙ってのスーパー通いが唯一の娯楽だ。これは食事に直結し料理の材料選びにも力が入る。

特に夏はトマトときゅうり、ズッキーニやナスをよく食べた。夏の間は旬だから値段もぐっと下がる。イタリア料理を筆頭に地中海料理のお世話になった。

秋は根菜とキャベツ類。これは寒いスカンディナビア地方のお得意分野。豚肉と組み合わせてシチューやオーブン料理の出番。


f:id:kaalrabbi:20201113144155j:image

さて来月はクリスマス。今月の末に第一アドベントがあり、そこからクリスマスが始まる。クリスマス料理は前菜、主菜、デザートの多種類をビュッフェ形式で食べる、いわゆるスモルゴス・ボードと呼ばれるものだ。

最初越してきた当時は、クリスマス・イヴ、クリスマス当日でそれらの料理を食べ尽くすのは大変なことだと思っていた。

しかし考え方を変えて、12月はクリスマス月間とすれば、毎日それらの何かのメニューを晩ご飯に食べていいのじゃないかと思い、24日にこだわらず、第一アドベント以降は普通に食べている。その方が楽しい。

どのお皿を使おうか、テーブルセッティングはどうしようか、考えることは多い。

天気が悪い、外が暗い、文句を言っても仕方ないから、それらを忘れるくらい色々楽しみを考えよう。12月20日を過ぎたら冬至が来て、日はどんどん伸びて行く。

人に「私は復活祭を待っている」というと笑われるが、復活祭の頃は花が咲き始め、日はみるみる伸びて、日照時間が長くなる。空は青く高くなる。

その日が来るのを今年も待つ。それに加え、コロナの収束が来るのもひたすら待つ。

たくさん料理のレパートリーを増やしたいという決意を持って。



f:id:kaalrabbi:20201113144259j:image

 

日にちが過ぎても過ぎても

もう11月になっている。

去年の11月にも同じことを言っていたような気がするが、今年は帰省の予定もなくコロナですっかり世界や景色が変わってしまった。

今年の初めから始まったコロナ騒動。春になれば、夏になれば。。。落ち着くまでの希望を持ちながら皆頑張っていたのに、結局居座ってまた力を増しつつある。

スウェーデンでは亡くなった方が6000人を越えた。人口は日本の10分の1以下だと言うのに。ようやく政治家も国民を重い腰を上げつつあるのかなという感じ。地域毎の警告が先月末に出された。11月6日厚生大臣が、ロックダウンについて言及した。言及だけで実行するかどうかはわからない。

私は歯がゆいのを通り越して腹が立っていた。国民の自主性に任せるのが国の方針だったのだが、国民はバラバラで真剣にコロナ対策に取り組む人、全然私たちには関係ないと思う人.怖い病気に立ち向かう割りには温度差が激しい。夫は結構真面目に取り組んでいると思う。日本人妻は衛生にはうるさい。

外国で衛生を日本と同様に保つのは難しいと実感する。バリアフリー、と日本でも高齢者や障がい者ケアの観点から勧められているが、玄関に段差がある=外からのゴミや埃を家の中に入れない利点もある。イギリスに行った時、土足で部屋の中歩き放題にはびっくりした。スウェーデン人は土足でなく靴は玄関で脱ぐ文化だ。玄関で靴を脱いだに越したことはないが、日本の玄関とはまた別物だった。

アルコール消毒やビニールの手袋も今始まったばかり。マスクに至ってはまだまだだ。とにかく緩いなぁという印象。私の勝手な推論だが200年以上戦争もなく、自然災害も少ない国の人は、人がみるみる亡くなっていく怖さや何かを失うことに対する危機感が非常に薄いと思われる。日本人は戦争も経験したし、地震、水害など災害だらけだから、いつ何時という危機感はどこかにある。

身内の話で恐縮だが、夫の兄、妹には全くこの感覚は欠落している。

「親戚ならコロナは感染らない」

何処から来たのか、こんなフェイクニュースを信じて、一緒にこの時期旅行に行ったり。

私達のことは大袈裟だと思っている。

何処のウィルスが、家族の人や親戚を感知して感染を避ける様な動きをするのだろうか。王様でも、大統領でも、庶民でも、皆病気にかかる機会は均等だ。

どの伝染病も同じだが、コロナの場合誰がかかっているのかわからない。症状の出ないケースを頭に置いて 伝染されることも、自分が伝染す側に回るかもしれないことも、考えなければいけないということが必要なのに。

コロナという病気への対処の仕方で、人の内面も明らかになっていく気がする。

篭ったり、通常通りじゃない社会で暮らすのはストレスが大きい。でもこれが終わって晴れて外に出れる時が来るまで自分で出来る自分の中の何か能力を上げるような時間として過ごしていきたいと思っている。


f:id:kaalrabbi:20201107161620j:image

手洗い、密を避ける。どれだけ効果があるのかわからないけど、とにかく守る。

 

はたして仏様に近づくことは出来るのか

子どもの頃、祖母が私に

「だんだん歳をとってあの世が近づいて来たら、人間何にも欲しくなくなっていくんだよ。」

と言っていた。

祖母に長生きして欲しかった私は、

「おばあちゃん、もう何にも欲しくない、いらないって思ってない?」

と事あるごとに聞き、

「欲しいものはまだまだたくさんあるよ。」

その答えを聞いて、おばあちゃんはまだ死なない、と安心していた。

しかし祖母が欲しいものはない、ということはなく、私が年頃になっておしゃれに目覚め、指輪やネックレスをつけ出すと、

「おばあちゃんもそういうのが欲しいねぇ」と本気で言うような人だった。1度はイヤリングを欲しがって 面白がって付けてあげたら、おば達にみっともないと叱られたり。とにかく悪い意味じゃなく貪欲な人だったと思う。決して、欲しいものはもう何もない、ということなく100歳で亡くなった。

父もそういう意味では貪欲だった。本は増えると重くて家が潰れるからもう買わないで、と悲鳴をあげる母を尻目に活字中毒はとどまることがなかったし、美味しいもの、美味しいお酒があれば満足で自分で料理を作って食べるのが好きだった。病に臥せてからも食事が楽しみで「お父さんは正岡子規みたいね」と母と言っていた。

私もその血が流れているので、欲しいものはたくさんある。ヴィンテージの食器や台所用品は、我が家は極小台所しかないのに欲しくてしょうがない。でも祖母や父と異なるのは私の場合、継いでくれる人が誰もいないのだ。父を亡くしてから急にそういうことを身近に考えるようになった。

ミニマリストという言葉が流行り、必要最小限のもので生活してる人の暮らしを雑誌で見たり、またある若手芸人のミニマリスト生活の動画を見たことがある。部屋はがらんとして、食事風景も同じ皿、茶碗。本や書類など皆オンライン。もし何かあったとしても、失うものも少ないだろうし、引っ越すのも手間なく簡単だろう。

価値観の相違だ。私には出来そうにない。もし私が死んだとしても、誰かが処分しやすいようにくらいは整理はしないといけないが、食べることが楽しみなのに、どの料理も同じ食器で食べるのはさみしい。そしていろいろ遊びたい。

今1番私に影響を及ぼしているものは、ゴッドファーザーだ。映画も勿論、イタリア料理に興味が出て来て料理本を買い漁り、ワインやオリーブオイル、食材など飲んだり食べたり勉強したり。パスタやチーズもいろいろ楽しい。昨日辿りついたのはエスプレッソだ。コーヒーはここでは日本の緑茶の様な飲み方だから、特別な感じはしなかった。エスプレッソも昔実家で直火用のポットで沸かして飲んだこともあるけど、苦いなぁとマイブームが終わってそれっきりだった。しかし、映画の中でヴィートがエスプレッソを小さいカップで飲むシーンを何度も見るうちに、私も是非エスプレッソを飲みたいとミーハー精神全開となった。

モノは増やさないはずがネットで買ってしまった。こだわったのはイタリア製。まだ商品は来ないが、エスプレッソ用の豆を買って準備をしたい。そして美味しいエスプレッソをゴッドファーザー気分で味わうのを楽しみにしている。パンナコッタやティラミスももちろん作って。

そんなこんなで、仏様への道がまた遠のいた。せいぜい欲にまみれてしばらくは生きていこう。


f:id:kaalrabbi:20201028174132j:image

もう1冊別装丁の同じ本を持っているのに、この表紙を見れば買って帰らずにはいられない。

古本屋で見つけた。表紙は破れたりしているけど、マーロン・ブランドカッコいいわ!

ミリエル司教に憧れて

「燭台」という言葉を初めて見たのは、子どもの頃読んだ『ああ無情』の本の中だ。

ジャン・バルジャンがミリエル司教からもらった銀の燭台。挿し絵も素敵だった。こういうものを食事の時などに蝋燭を灯して使うなんて、昭和の時代の子どもには衝撃的だった。

きっとその時から頭の中に、ずっと燭台というものがこびり付いていたのだろう。

蝋燭を日常の食事時に食卓で灯す生活に憧れた。実家でも色々試してみた。本の挿し絵に出て来るような生活がしたかった。

よく思い出すと外国人と仕事をしていた父が多分友達の家で見かけて良いと思ったのだろう。何処かで見つけて蝋燭やら蝋燭立てを買って来てたまに雰囲気を味わったりはしていた。でも小さいもので物足りなかった。私の理想はミリエル司教の銀の燭台だ。

スウェーデンに行き来するようになり、北欧の燭台や蝋燭使いに惚れ惚れした。

「こういうのを求めていたんだ」

食事の時にさりげなく蝋燭の灯りがあったり、リビングでもテーブルの上に無造作に蝋燭が灯されている。

我が家でも真似しようと息巻いて、当時日本にはまだなかったIKEAに駆け込み、蝋燭やら蝋燭立てやら買い込んで家に帰った。スーツケースの中からたくさんの蝋燭を発見して母に情けながられた。

いざ、ロウソクと共に優雅な生活!! しかし思うようにはいかない。いかんせん天井が低い、そして明るいのだ。部屋が暗くない。なぜだろうと思ったら、照明が異なる。北欧の家はどこもかしこも間接照明だ。

長い蝋燭を立てるとバランスが悪い。ミリエル司教の銀の燭台は高くてそう簡単には買うことが出来ない。そして買えたとしても、背が高く長い蝋燭を灯しても格好がいいとは思えない。

外国のインテリア雑誌の写真の様に格好良く蝋燭は灯せないものか。。。

蝋燭が駄目ならお香だ、と何を血迷ったかインド文化に走り、お香をたくことにはまった。お香はありがたいことにお線香の文化が根づく日本では違和感なく楽しめた。

そして今は蝋燭文化の国に住み、蝋燭を楽しんでいる筈なのだが、蝋燭は楽しみというより生活必需品だ。食事の時もリラックスする時もいつも傍にある。
f:id:kaalrabbi:20201016160845j:image
特に今の季節、朝早く起きて食事をするにも間接照明しかなければ、食卓に蝋燭は必要なのである。

行事の時はより盛大に蝋燭を灯す。復活祭は黄色、クリスマスは赤や緑だ。夏至祭は青。

燭台やキャンドルホルダーをついつい買ってしまう。Kosta Bodaや Orrefors のガラスのキャンドルホルダーはデザインが美しい。そしていろいろな切込みが入ったデザインは蝋燭の灯りが天井に美しい模様を作る。Kosta Boda のSnowbowr は蝋燭を灯す前はただのガラスの塊みたいなものなのに、蝋燭を灯すとそれは美しく輝く。
f:id:kaalrabbi:20201016160915j:image

真鍮の燭台や蝋燭立ても素敵だ。昔のものだからセカンド・ハンドに出掛けては手に入れている。古いものは1800年代から使われていたものもあってワクワクする。


f:id:kaalrabbi:20201016161210j:image

複数立てられる燭台は雰囲気も良く、豪華な気分になれる。ミリエル司教の銀にはまだまだ手は届かないが、自分の出来る範囲で楽しみたい。

我が家で一番ゴージャスな燭台。結婚のお祝いに頂いた。復活祭やクリスマスに活躍してくれる。
f:id:kaalrabbi:20201016161550j:image

今一番気に入っているのは、真鍮のもの。

デザインがおフランスぽくて気に入っている。
f:id:kaalrabbi:20201016161839j:image

これから来年の復活祭くらいまで、薄暗い日が続く。去年のブログにも蝋燭について書いていた。暖かい光がないとやっていけない。せいぜい蝋燭の光と一緒に美味しいものを食べて元気に楽しく冬を乗り切りたい。


f:id:kaalrabbi:20201016162112j:image

これは多分70年代後半から80年代くらいのもの。デザインも何となくポップな感じがする。これもお気に入り。

ワインが先か、料理が先か

お皿、グラス、ナイフやフォークも日本の感覚だと、1セット5が当たり前だ。

しかし北欧は(他は知らない)1セット6が当たり前。以前友達が日本に来て喜んで和食器を買いに行ったのだが、「何処に行ったらお皿6枚セットが売っているのか」と尋ねられて困った。

私もここでお皿やグラスを買う時には、6が中心なんだと何となく思うようになっている。習慣とは恐ろしい。

 

私はヴィンテージの陶器が大好きだ。今の家庭用品売り場ではお目にかかれないような、形や模様のデザインが山のように溢れている。現代は種類が少ない気がする。

現代の料理と昔の料理のメニューや盛り付け方、人の招待の仕方もすっかり変わってしまったから、お皿やグラスも変わっていって当然だろう。

昔のお皿に昔のメニューを盛り付けたり、という遊びは楽しい。「大人買い」という言葉通り、自分の所帯だから遠慮なく買わせてもらっていた。

しかし、置く場所もないのに6つを基本に買うことはないのでは、と思うようになった。

どうせ食事は夫と二人が基本だし、お客さんが来るといったって4人が精一杯。もしたくさん人が来たとしても、グラスなら日本の居酒屋方式で、色々な種類を混ぜてお好きなのでどうぞでも、かえっておしゃれではと思うようになった。

グラスを買う時は2つが当たり前になった。最近のブームはゴッドファーザー。彼らのワインの飲み方は気取るのではなく、食事の時の飲み物という感じで、小振りのグラスを使っている。

最近セカンドハンドに行っては 、シシリアンワインに合わせようと小降りのグラスを探している。


f:id:kaalrabbi:20201002174915j:image

これは本当に可愛くて気にいっている。70年代に流行った形だと夫が言っていた。


f:id:kaalrabbi:20201002175100j:image

持った感じが良くて買った。


f:id:kaalrabbi:20201002175149j:image

口当たりもよく、口が広がっていて香りがフワッと来る。


f:id:kaalrabbi:20201002175306j:image

これは昨日買った。ちょっと背が高いけど、小振り。赤ワインがぴったり来ると思う。

 

小振りなグラスのいいところは、つぎ過ぎないところ。大きいグラスはつい飲み過ぎる様な気がするので、ちょうどいいなと満足している。

 

ワインにはどんな料理を合わせようかと考えるのは楽しい。グラスの増えすぎにも注意しながら。

秋の小旅行 テキスタイルの里へ

鬱陶しい天気が続く。秋というより初冬の足音が聞こえる。曇って風が時折り強まる。

気温も下がって来て、うっすら暖房をつけ始めた。太陽もどんどん低くなって、お昼を過ぎないと明るい!という感じはしない。雲もどんどん灰色になって下がってくる。

また閉じこめられた様な季節がやってくる。コロナは幸いにも今はだんだん落ち着いて来た様な気もする。毎日亡くなる方も一桁になっている。しかしもう高齢者は死に尽くしたのではと皆話している。ストックホルムでは老人ホームの空室が目立ち、待機時間なしで入居できるらしい。

反対に若者の感染者は増加傾向。外出禁止を出していた国々が解除してまたヨーロッパ全体が増加している。このウィルスはどう付き合っていけばいいのか。

例年なら今頃は帰省の切符も買って年末年始を楽しみに待つ時期なのに、今年はきっと無理だと諦めている。

 

せっかくの秋だ。楽しもうと遠出をした。

いつも通り思い立って出掛ける。せっかく出掛けるのだからよそ行きでも来ておしゃれしたいけど着替える時間も惜しいし、どうせコロナで帰宅したら全部脱いで洗濯するからいいかと普段着で。

行った先はテキスタイルの工場兼ショップ。Ekelund (エーケルンド)。テーブルクロス、キッチンタオルを主に作っている。450年前から続いている世界で一番古い織物会社といわれている。1850年からテーブルクロスの工場が始まり、王室御用達でもある。


f:id:kaalrabbi:20200928162709j:image

日本の平成天皇ご夫妻もここを訪れられてテーブルクロスをお求めになったらしい。

工場の見学もできる。工場は世界にここ一つなのに、世界中に輸出しているのでさぞかし大きいところを想像するが、結構こじんまりしている。ふきん、テーブルクロス、作るものサイズは決まっているから模様だけを違うものにして製造する。そんなに色々の機械が必要なわけではないからだ。工場内の写真撮影は禁止。


f:id:kaalrabbi:20200928162748j:image

私はここの商品が好きだ。ここでしか作ってないというのが一番ポイントが高いのと、模様も綺麗だし、何より丈夫だ。いつも両親の何処かへのお使いものにするためのものをここでリクエストされる。

最近は台所用品だけでは経営が難しいのか、マット、ひざ掛け、バスタオルなども作っている。私達もバスタオル、普段のタオルはここのものにしている。

昔は機織り機だけで織っていたから、模様も幾何学模様な決まったものが多かったのだろうが、今はコンピューターと連動して模様も自由自在。昔では考えられなかっただろうムーミンなどの北欧キャラクター柄、様々なクリスマスや復活祭などイベントに合わせた様々な柄が楽しめる。そして材質も綿、麻、竹繊維など色々な天然素材だけで出来ている。


f:id:kaalrabbi:20200928162823j:image

毎日食器を洗って拭く時に、ここの布巾を使うと120%自己満足に過ぎない事はわかっているけど、とにかく嬉しい。ランチョンマットや、ちょっとした敷物にも使っている。

その工場を見たり、ショップを見たり楽しく時間が過ごせた。気が向いた時に年に何回か訪れるけど、いつ来ても楽しめる。


f:id:kaalrabbi:20200928162909j:image

でも今年はコロナで他のヨーロッパからの観光客が来ないので、夏の掻き入れ時にも閑散としていたようだ。特にドイツ人に人気があるので、夏にはドイツ人がたくさん買って帰るのを見たこともある。

今だけではないけれど、特にコロナで楽しみが減って来ている今とこれからどんどん日が短くなっていく中で、家の中のもので工夫しながら明るく過ごせる様に、そんな時にテーブルクロスなどは一役買ってくれるありがたいものなのだ。

 

エーケルンドの後は、道中開いているセカンドハンドに立ち寄って、料理本を数冊買って帰宅した。

 

少しでも気持ち明るく秋冬を迎えたい。


f:id:kaalrabbi:20200928162935j:image

アイロンもせずに画像を上げるが、とりあえず引き出しから取り出したコレクションの1部😜